ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

頑張れクレスコグランド

明日は本当に久しぶりに、生でダービーを観ようかと考えていたのだけれど、雨プラス仕事残りで断念。
5月の府中開催って、天気さえ良ければ本当に気持ちがいいんだけどねえ。

ダービーはクレスコグランドを応援してみようと思う。この馬のオーナーさんには、間接的にではあるけれど以前仕事で大変お世話になった。

抽選馬のクレスコラブリー以来、ほぼ年に1頭づつ持って、グランド以前の7頭で、デビュー出来なかったのは1頭、デビューして勝ち上がれなかったのも1頭のみ。結構馬運もいいんだなあなんて思っていたが、8頭目にして重賞を勝ち、ダービーに駒を進めるとあっては、馬運の良さは結構どころではない。
またさらにびっくりしたことに、クレスコグランドの調教師、石坂師にとっても今回が初めてのダービー出走とのこと。

オーナーさんの馬運の良さに乗ってみよう、というよりは、知っている人のところに幸あれという気持ちで、明日はクレスコグランドの健闘を祈っています。
[PR]



# by hiruji | 2011-05-29 01:16 | 競馬

WIN5をやってみた

実に一年ぶりの更新。病気の報告のまま終わっちゃってたけど、普通に生きています。

ちなみに禁煙は1ヶ月と持たずにギブアップ。崩れたきっかけは、自制心がアマアマになってしまう酒飲み中。一方、酒を飲んだ翌日に体調を崩すことが多くなったので、酒量は激減。新しい職場での社内コミュニケーション拡充や大事な客先との飲み以外、仕事終わってなんとなく飲みに行くことはほとんど無くなった。

それから、しばらく少々縁遠くなっていた競馬、これは秋くらいからかなり復活気味。昔のように競馬が1週間のスケジュールを支配しているわけではないが、週刊競馬ブックをしばしば買う程度には戻った。一番の原因は、引っ越して買った42型のプラズマテレビの存在かな。21型アナログテレビから買い換えて一番驚いたのが、画面を通しての競馬の迫力。夏の新潟競馬の中継で見た、緑深いターフを走る移動式のカメラ映像のカッコいいこと。思わず見入っているうちに段々競馬の存在が大きくなっていき、今年に入ってからは毎週PATで馬券を買うようになった。

で、今週から始まったWIN5、昔風に言えば5重勝。5レースの1着馬を全て当てるという、複数レースにまたがった珍しい馬券である。これはもはや馬券というより宝くじで、確率で言えば3重勝(フルゲートで5,832通り)でも3連単(同じく4,896通り)より難しいのに、WIN5の場合は18の5乗で実に1,889,568通り!まあ、当たるわけがないのがこの新馬券である。

今日、皐月賞の馬券を買う為にPATに接続したら、WIN5が買えるようになっていた。申し込みが要ると思っていたので、宝くじを買うのにそこまでして・・・と考えて諦めていたのだが、買えるのならちょっとやってみよう。どうせ当たらないんだから、小額を毎週続けてみようかと決めた。

まず、何通り買うか、である。5レースとも1頭づつ指名なら1通りだが、これが2頭づつなら2の5乗でいきなり32通り、全て100円で3,200円。毎週やってる宝くじに3,200円はいかにも使いすぎ。ダメモトで買い続けるのなら、やはり1,000円程度に抑えたい。

既に結論を出していた皐月賞を除いた4レースの馬柱を睨んで、橘Sは2頭、メトロポリタンSと魚沼Sは1頭、アンタレスは2頭、そして皐月賞は3頭、計12通りで買ってみた。買った馬は1番人気など単勝ヒトケタ代の人気馬ばかり。当たるとは思っていないが、どこまで肉薄できるかな?

用事があってレースをリアルタイムに見られなかったので、帰宅後JRAサイトのVTRを橘Sから順番に見て行く。

結果、第一回WIN5は1-3-3-3-4番人気で決まった。配当は81万。大穴が混じらず、少ない点数でも当たった人がいそうだが、この配当が高いのか安いのか、ちょっと判断がつかない。

しかし、メインレースばかりに目が行きがちな、PATユーザーを中心としたライトな購買層に対して、他のレースに目を向けさせるのには有効な馬券か。事実自分も最初買うつもりが無かった橘SとアンタレスSの馬券を買い足ししたし。

最後に、WIN5で買った馬のうち、1着に来た馬の数は「ゼロ」でした。1番人気で決まった橘Sすら当たらん。
穴狙いをしていないのに、当たらん。ついでに買い足したアンタレスSも当たらん。皐月賞なんて、最初に自信を持って消したステイゴールド産駒が勝って、これじゃ当たりようがない。

WIN5がいかに難解かを伝えたかったが、その前にまず、自分のセンスをなんとかしないと。
[PR]



# by hiruji | 2011-04-25 01:30 | 競馬

最悪の週末を振り返る

9年ぶりの大規模な気管支喘息の発作に見舞われた。

両腕を突っ張り、背中を丸めて息を吸い込むことに全神経を集中、しゃべったり、動いたりすると酸素を使ってたちまち苦しさが増すから、ただ手を突っ張ってじっとして、比較的呼吸が楽になる朝をひたすら待つ。筋肉が痙攣しそうになる痛い呼吸を10回、どのくらい朝が近づいたかと時計を見ても1分しか経っていない、そんな状況で夜が過ぎるのをただ待つ。

息苦しくやばそうな雰囲気になることは1年に何度もあるのだが、たいていはそこでタバコを止め、炎症で溜まりはじめた痰をある程度出して、半日くらい大人しくしていれば復活するはず、なのだが。

発作を起こす要因はいくつかある。炎症が出だしたときの化学物質の吸引(タバコ・排気ガス・粉塵)、飲酒、バカ食い・消化の悪いものの食べ過ぎ(基本的に腸に負担がかかると喘息が誘発される)、身体を冷やす、急激な運動など。その要因複数が重なって引き起こされるわけだが、先週やったことといったら・・・

・職場が変わっての歓迎会などで月・火・水・金と1週間に4度も酒を飲んだ。(多分数年ぶりのこと)
・結果食生活がズタズタ、暴飲暴食が多かった。金曜日は展示会で余った弁当を2個食ったりもした。
・金曜、飲んで騒いだあげく、若者に対抗してエスカレーターの逆駆け上りをして、息絶え絶えに。
・飲んで帰った日は先を考える余裕も無く布団のチョイスがいい加減で、結果朝寒かった日が何度か。
・気温のジェットコースター状態、しかも金曜はミゾレ降る中を帰宅。
・土曜の朝、倉庫に荷物を運んだだけで息切れしたりと、すでにかなり悪かったのが、午後には元に戻った気がしてタバコ再開。

・・・馬鹿だな。なるべくしてなったということだな。

今回、母親の一時帰宅中に発作が出てしまったということが心底悔しく情けなかった。2人が万全の体調でも、2泊3日の一時帰宅が終わった後ドッと疲れが残るのに、腱鞘炎で重いものが持てない状態の嫁に、オフクロと自分、2人分の看病をさせてしまう羽目に。さすがに申し訳なく、頭が上がらん。今回、入院までの大事に至らなかったのは不幸中の幸いだが、もう繰り返したらダメだね。

テレサ・テンが気管支喘息の発作で亡くなったのは42歳、喘息持ちだった会社の先輩が発作亡くなったのも確かそのくらい。俺も来月その年を迎える。

ということで、さすがにタバコは続けられなくなった。特に社内に横串入れるのが仕事の自分にとって、最強のコミュニケーションツールが使えなくなるのは痛いが他の方法を探そう。それになんといっても食後、コーヒー啜りながらの一服はナニモノにも代え難い至福の瞬間なのだが、忘れることにしよう。江戸時代、喘息の発作止めにタバコが処方されていた、なんて真実ではあるが最早タワゴトでしかないトリビアで周囲を煙に巻くのもやめにしておこう。
[PR]



# by hiruji | 2010-04-21 23:17

上州路

どうしても、の用があり、群馬の施設からオヤジを日帰りで東京に連れてきた。

認知症は少しづつ進んでいるらしい。俺や嫁のことはわかるが、さっき会って話していた、施設の責任者のことを10分後に全く憶えていない。自分で「いつも世話にになっているここの社長に挨拶してってくれ」って言ってたのに、その社長の存在そのものを忘れているのだ。喜怒哀楽も無い。前のように怒ることはなくなったが、笑うこともない。淡々としている。

車に座っていると「お尻が痛い」としきりに訴える。途中ドンキでクッションを買っても、タオルを敷いても効果なし。
多目的トイレに一緒に入った時目を疑った。太腿は俺の二の腕くらいの太さしかない、そして尻の肉が無くなってしまっている。これでは骨が直接当たるわけで、振動する車のシートが当たって痛いのもわかる。
オヤジの入っている施設が、決して過ごしやすい施設ではないのは重々わかっていた。認知症と留置バルーン、腎臓食を全て満たしてくれてすぐに入れるような施設は、とても払えない額の有料老人ホームを除き、主治医の先生に紹介してもらったここしかなかったのだ。初めて行った時、東京の老健とのあまりの違いに愕然とした。本当にここでいいのか?お前は自分のオヤジをここに置いておいて平気なのか?と自問自答しながらも、結局は置いていった。自分達の生活を、そしてお袋の方を優先する道を選択したのだ。

全て覚悟の上ではあったのだが、今回オヤジの栄養状態を目の当たりにして、やっぱり申し訳なくなった。でも相変わらず他に策が無い。待遇改善を言ってみてもいいが、言い過ぎれば出されてしまうだろう。出された後、今のオヤジには受け皿が無い。

実際、この施設が殊更悪徳施設ってわけでもない。今の医療・福祉のマトリクスからこぼれてしまう人への受け皿が、こういうところしか無いというだけ。限られた費用内で最低限のパフォーマンスを提供しているだけ。施設も人助けのためにやっていると信じているだろうし、搾取しているつもりなんてこれっぽっちもないのだろうと思う。

渋滞に巻き込まれ、遅くにオヤジを施設に送り届けた次の日、30年前にオヤジとオフクロと3人で行った家族旅行の軌跡を辿った。ブルーメタリックのケンメリに乗って、カーステレオから流れるちあきなおみの四つのお願いを聴きながら走った渋川、沼田、月夜野、水上と続く上州路を、白のイストでなぞっていったのだった。
[PR]



# by hiruji | 2010-03-15 01:15 | 日記その他

ヒキガエルの呪い

というか・・・普通呪いって、苛めたりいたずらしたりした奴が対象だよなあ。助けて呪われるとはどういうこっちゃねん。

土曜の夜、嫁とメシ食いに行くってんで、家を出て暗い夜道を歩き始めた刹那のことである。

「ギャーーーーー!!」

夜の住宅街に、決して悲鳴とは言うまい、けたたましい叫び声がこだまする。
通行人が振り返る、通り沿いのあちこちの家の窓から人影が見下ろす。

「嫁だ・・・」

小走りに戻ると、立ち止まった嫁の指差す方向、道のど真ん中に影ひとつ。
実に大きなヒキガエルであった。しかも春が近いからだろうか、おんぶ体勢のつがいが、ドーンと。

子供の頃からからヒキガエルは割と好きで、雨の道端で捕まえてきては、家の庭で放し飼いしていたものだ。

生きているヒキガエルは好きだが、道路でペシャンコになったヒキガエルを見るのは実に忍びない。

小学生だった時のように、ひょいと掴んで道の端、危なくないところに動かした。

「あ~・・・あんなもんよく掴めるね・・おかしいんじゃない」などと嫁に言われながらも、「だってあのままじゃ轢かれちゃうでしょ」と話しながら晩飯を食いに行って、帰ってきた。帰った時にはカエルのつがいはすでに居なくなっていた。無事に草陰にでも潜り込んだのだろうか。

「あんた!カエル掴んだんだからすぐ手洗いなさいよ!」「へいへい」と、セッケンでいつもより念入りに洗う。

次の日、朝起きてから。確定申告とか色々やらなければいけないのに、目がショボショボして全然ダメ。パソコン仕事が多い時の週末には結構あるのだが、ゆっくり休んだ日曜ではあまり記憶にない。しかも、即効性のある目のサプリ、ブルーベリーが全然効かない!

結局終日目がショボショボ、次の日も朝起きてもショボショボが酷い。とにかく目が開けていられない。
結局会社休んで、昼頃シャワー浴びて鏡の前に立って、驚いた!

顔の上半分がかぶれて爛れてる!目の周りも腫れが酷い。これじゃあショボショボもするわいな。

必死に目を開けてネット検索した結果、思い当たるフシは、一昨日のヒキガエルを触ったこと。頬を掻いたり鼻を触ったりするクセがある自分にとっては、手を洗うタイミングが遅すぎたらしい。
ヒキガエルに毒があるのは知っていたが、今までかぶれたことなんかなかったし、こめかみ部分さえ触らなきゃ大丈夫だと思っていた。が、実際身体にも毒があるようだ。ほんの5~6秒、脇腹あたりを掴んだだけなのだが、交尾を邪魔されて、怒りの矛先を向けられたのだろうか・・。

カエルには俺の優しさが伝わらなかったようで残念。とほほ。今日は瞼の周りがカパカパになってきたぞ。
[PR]



# by hiruji | 2010-03-03 00:49 | 日記その他

フェブラリーS

京都記念にブエナビスタとドリームジャーニーが出てたことを事後知るあたり、競馬との距離感が離れていることを実感。別につまらなくなってるわけじゃないんだけれど、日常の競馬の比重は数パーセント程度か。

メンバー見る限り、エスポワールシチーは固いな。逆転の可能性はサクセスブロッケンと、メイショウボーラーを彷彿とさせるレッドスパーダくらいか。でもサクセスは馬券相性最悪。うーん・・・

調教よく見えたのはリーチザクラウン、でもこの馬がダートってイメージできず。

1着 4エスポワールシチー 6サクセスブロッケン
2着 6サクセスブロッケン  8レッドスパーダ
3着 3テスタマッタ 4エスポワールシチー 16ワイルドワンダー
[PR]



# by hiruji | 2010-02-21 12:22 | 競馬

帝国のダンジョン

仕事でまだ建設中のビルに登った。この現場はこれが2回目。

建設中といっても外装・内装とも主なところはほぼ出来上がっており、今日はヘルメットをしないでも入ることができた。

1Fで待ち合わせていた内装会社の人に案内され、16Fの現場に向かう。

営業を始めたら多分7-8基のエレベーターが稼動するのだろうが、今はお客さんはおらず所謂「業者」しか入らないから、動いているエレベーターはただ1基。

現場は16階だが、エレベータを降りたのは最上階、19Fで、そこからさらに階段で屋上に向かう。

基本的にお客さんに開放しない屋上だから、頭の高さのところに鉄骨が横に走ったりしている。それを潜りながら迷路のような経路を通ってビルの反対側へ、そして反対側の階段から16階まで降りる。

言い忘れたが、竣工前だから階段など屋内スペースは靴を持って,裸足でペタペタと歩いていく。

ようやく調整する作業場に着いたのは1Fを出発して7-8分たった頃だったろうか。1基しかないエレベーターを使うので、えらく遠回りしなければならないのだ。

調整に手間取り、2時間半ほどして内装会社の人に挨拶し、往きに来た道を思い出しながら、何とかエレベーターのところまでたどり着いた、のであったが。。

「このエレベーターは16時~17時まで、資材搬入優先、他は使用不可」との貼り紙が。
下ボタンを押しても、ボタンが利かない。
近くにいた工事業者のおっちゃんに「どうやって降りたらいいんですか、と聞いたら
「階段しかないねえ。」と。

またか。

実は前回も、12:00~13:00はエレベーター使用禁止で、階段で1Fまで降りたのである。

結局このビルの下りエレベーターは使えたためしなし。

手に靴を持って、窓のない真っ白の階段室をぐるぐる下に降りていく。グレーの階段は金属製で、ナナメに滑り止めがついたタイプで、裸足にとっては結構痛い。

白とグレーしかない殺風景な空間をただただ降りていく。降りていく。その辺のゲームのダンジョンよりよっぽど無機質で、10年前に素人が作った粗いCGみたいな空間を、ただ降りていく。

マトリックスの、緑色のドアがやたらたくさんある長い廊下を思い出す。あの方が色がついてるだけ、平らなだけまだ精神的にマシだな、とか思いながら降りていく。

あとどのくらいかな、と思って階数表示を見ると、まだ11F。半分行ってない。ため息ついて降りていく。

7F、滑り止めにやられ、足の裏の感覚が無くなっていく。

4F、本当に1階で終わりだろうか、地底まで続いていったりしないだろうか、と考えたりしている。

3F、膝が笑い出す。

1F、無事に出られた。が、膝の笑いが止まらない。

出口から出ようとしたところ、工事の人に制される。「ちょっと待って」と。

どうやらビルのオーナーが見学に来ていて、ちょうど帰るところなので工事の責任者達がお見送りで一列に並んで待っているらしい。出口の向こうに高級車の鼻面が覗いている。ワラワラ動く黒背広達が居る。「あ~、それとあの件だけどどうしよっか~」等オーナーらしき人の暢気な声が聞こえている。

それを自分は膝ワナワナしながらただ待っている。唯一の帰る手段、階段を降りてきた人達がどんどん溜まっていく、そして同じように制されて、理由を聞いたら文句も言えず、みなただ待っている。資材搬入のために専用になっているはずのエレベーターも、オーナーお見送りのために進まず1Fで口を開けてただ待っている。

まあ、こっちは業者だから、お金貰うほうの立場だから、しょうがないんだけどねえ。

とはいえ帝国のダンジョンは、何とかクリアすることができた。

そして昨日、今日と激しい筋肉痛で、自分はペンギンのようにひょこひょこ歩いているのだった。
[PR]



# by hiruji | 2010-02-01 00:56 | 日記その他

ポルシェとマルシェじゃ全然違う


車で走っていて(・・といってもペーパーをいいことに助手席専門だが)、かなり強引な追い越しをされることがしばしばある。

今日もそうだった。2国(国道一号線)で家に向かっている途中、すごい加速で車スレスレで左に針路変更し、抜き去っていったシルバーのポルシェ。その10分後、片道一車線の曲がりくねった道で、対向車スレスレで追い抜いていったのもシルバーのポルシェ。

運転の仕方がそっくりだから、この2例は多分同じ車だろう。でも、それにしても・・・・

都内で急加速や急な車線変更などの影を感じて、「何じゃコイツ、無茶しやがって」とその車を見ると、7割くらいの確率でポルシェのような気がするんだよなあ。

フェラーリで変な運転している人ってあまり記憶にないんだけどねえ。

夜の首都高で昔お盛んだった「ルーレット族」などは例外として、GT-RやZもそう。

カッコイイ車だと思うんだけど、そもそもオバカさんに好かれる車なのか、乗るとオバカさんにさせちゃう車なのか。それとも、東京南部にオバカさんのポルシェオーナーが何人かいるからなのだろうか。

もしカレーマルシェがカレーポルシェだったら、ヤバいくらい辛そうだ。
[PR]



# by hiruji | 2010-01-09 03:13 | 日記その他

自動販売機における傷心

晩飯前に近所まで飲み物とタバコを買いに行った。

酒屋さんの前に自動販売機が並んでいるのだが、飲料は定番のコカコーラ・キリン・アサヒ・サントリーの定番四天王がある他にちょっと面白い自動販売機が置いてある。

少しマイナーな飲み物で固められているラインナップの多くをを占めるのが、ハテナ印がついた真っ黒いダミー缶。つまり、ボタンを押してもなにが出てくるのかわからないようになっているのだ。

この?印は、100円で500mlサイズと80円で350mlサイズの2種類、それぞれ6ボタンづつ並んでいる。
要は銘柄出しても売れないマイナーな飲み物を、くじ引きというお楽しみ要素を付加して販売しているわけだ。

これ、結構好きで割と頻繁に買っていた。ここで出てくるのはサンガリアや神戸ビバレッジ?輸入コーラ等等多岐にわたる。はっきり言って半分以上は飲みたくもないものが占めているのだが、買う前に飲みたいものを予想し、押すボタンの位置を決め、「いけっ」とプッシュ。結果を見て一喜一憂という、競馬のような予想・選択行為をローリスク・ローリターンで楽しめるところが、ついつい買ってしまう理由であろうか。

この自動販売機がちょうどうちの車を置いてある駐車場の前にあるものだから、嫁と車で外出した帰りはほぼ例外なくここで買っていた。

「今日は左から2番目に伊藤園のウーロン茶が潜んでいる気がする・・」

「えいっ!」

「・・・沖縄パインソーダ???果汁1%で沖縄も何もないやろ・・・今日はスカだわ・・・」

嫁には「その自動販売機で買ってる人、アンタと小学生しか見たことがない」などと冷たい言葉を浴びせられながらも結構楽しんでいたのだが。

今日前を通ったら、80円も100円も12箇所の全てが売り切れだった。今まで?が売り切れだったことはただの一度も無かったから、へぇ珍しいこともあるもんだ、と前を通り過ぎようとしたものの、何か引っかかる。

この自動販売機は3段式で、一番上が全てこの?印で占められていて、2の段と3の段に80円と100円の?印が一つづつ、他の銘柄を晒したマイナー飲料と並んでいる。

前々から、?は一番上の段だけで十分なはずなのに、この間に挟まった?印は何だろう?と思ってはいたのだが、今日その答えがわかった気がした。

自動販売機は、ボタンの数=収納している種類 とは限らない。というか、最近のボタンの多いものについては、ボタンの数>収納している種類 である方が多いはずだ。

タバコの自販では当たり前のことだが、よく売れる銘柄・売り出したい銘柄が横に連なっていることは多い。これは単純に並んでいるわけではなく、ひとつの収納場所に対して複数のボタンが対応しているはず。その証拠に、売り切れ銘柄の横に同じ銘柄があっても、そこは売り切れになっていることが多い。

ということは、、、この?印は、2段目(100円)と3段目(80円)の1箇所づつが正体であって、最上段の5箇所づつのボタンは、単にボタンだけ??


「今日は左から2番目!」とか全く関係ないじゃん。。。単に店の人がランダムに入れているだけで、始めから出てくる順番、決まってるってことじゃん・・・。

なんかね、たかがジュース自販といえど、自分で選択すらしていなかったのに、そこに一喜一憂していたって事実が、空しくてしょうがないのですよ。
[PR]



# by hiruji | 2010-01-05 02:15 | 日記その他

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年同様、本年もよろしくお願いします。

NET上に自分を表現する場所を持ってから10年以上が過ぎました。

思えば、99年~2000年あたりは完全なネットジャンキーだったよなあ。一番はまったのは友人のサイトでやってた大寄利だったか。24時間ネタしか考えてなかったものなあ。

最近サボり気味を通り越して完全に休眠状態ですが、思いついた頃になんか書きます。
[PR]



# by hiruji | 2010-01-01 23:56 | 日記その他

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧