ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

穴子の旨い寿司屋において、言動の裏に見え隠れする思惑は、ただただ邪魔な存在である

10年前まで直属の上司だった人と、懐かしい寿司屋で久しぶりに飲んだ。

だが話を聞いていて、ちょっとがっかりした。人づてに、今の私の仕事に対し、理解を示していてくれているように聞いていたのだが、どうも調子を合わせていただけらしい。

「どこに売ろうとするのか、よくわからん」

社内でもう100回ぐらい聞いた科白が、この人からもそのまま出てきたのにはちょっと驚いた。他の部署や現業に密着した人がわからんのは当たり前。だからわからんことはわからんと言って貰っても一向に構わないのだが、詳しいことを聞きもしないで、まず否定から入る人では決してなかったはず、なのだが。

視野が広く、新しい取り組みに対しては大枠で常に応援してくれる人だった。敵の少ない、温和な人だった。でもそういえば、自分で大きな決断ができず、強い力には決して抗えない人でもあったのだった。

転勤を言い渡された時に感じた貴方の小ささをすっかり忘れ、楽しく飲めるもんだと行ってみれば、何のことはない。新天地での自分の役割が欲しいがため、そして担当役員の考えを搦め手から押すためにやってきたのか。

俺は、組織の最高責任者の意向をそのままストレートに下ろしてきた貴方から組織を離れるよう言われ、全く毛色の違う業務を5年経験し、当時の責任者も貴方も居なくなった現組織に、運良く呼び戻してもらった存在。社内で誰しも経験したことのないこの2つの異業種・異素材を有機的に結合し、新たな価値観を創造し、現組織に恩返しすることが自分の責務だと思っている。それこそが、他ではないこの自分しか出来ないこと、だからこそ、ただ「面白いから」だけじゃなく、今の仕事に自然と力が入るわけだ。

10数年同じ組織の中で純粋培養されることなく、あの時組織を出されたお陰で得難い経験が出来たわけで、もちろん恨みなんてあるはずがない。だけど、見え隠れするモノに気づいた以上、そちらを向いて仕事する気は毛頭ありません。これからも自分の信ずる道を行くのみです。

本当は旨いはずの寿司が、ちっとも美味しく感じられなかったのは大いに残念。
[PR]



by hiruji | 2006-05-02 03:14 | 日記その他

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧