ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

出張御大尽

朝早めの便で羽田を発ち、福岡へ。一足先に入って空港で待っていた上司の車で、アポイント先へ向かう。

そこは今回アポ取った会社の社長が経営する日帰り温泉施設なのだが、そこで社長の到着を待っていると、どうも社長に急な用事が入ったらしい。代わりに専務が話は聞くが、持ってきたサンプルは是非見たいので、用事が終わるまで待っていてくれると有り難いんだが・・・との連絡で、今回訪問の主目的である以上、待つことを了解する。

と、専務に温泉施設の3階に案内される。ここは特別室らしく、まるで旅館のようだ。ちょっと仕事をする雰囲気ではないものの、事務所は窮屈そうだし、来客があって特別室の予約がない場合は応接として使っているのだろう。

8人は席につけるであろう長い座卓の上にサンプルを置き、専務と色々話をしていると・・・中居さんが入ってきて食事の支度を始めた。

それが・・・何と各個人の前には長方形の大きな平鉢の八寸と、直径50cmくらいの大皿にいっぱいの刺身盛り合わせ。。地アジの活造りが真ん中にデンと聳え立ち、鯛や鰤系、中トロ、海老、イカがその周りにザザザッと並んでいる。

勧められていただいてみると、これが旨い!九州では粉ワサビが出てくることはまれで、辛味はさほどではない粗挽きのおろしワサビがどさっとつくことが多い気がするが、やっぱりここもそう。そして醤油はもちろん、九州ならではの甘い刺身醤油。昔最初に口にした時は少々抵抗があったが、刺身の表にワサビを多めに置いて包み、裏にこの甘い醤油をつけて口に入れると、なかなかのハーモニーを醸し出す。新鮮な地アジはもちろん、鰤系の魚(色からすると多分カンパチ)も活〆を使っているらしく、シャッキリ感が残っていて非常に旨い。こんな決して海が近いわけでもない日帰り温泉施設でこういう魚が食えるとは・・・(しかも一銭も払わず・・・)。

3人前としてはかなりのボリュームだったが、なんとかほとんど平らげてプハーとしていると、今度は洋皿がやってくる。豚肉の角切りソテーオレンジ添えみたいな一品で、味は少々濃い目ながら茶色とオレンジ色、そして皿のマジョリカブルーの色彩が素晴らしい。

と、今度は天ぷら盛り合わせがやってきた。エビ2尾、メゴチ1尾、イカ、しいたけ、人参、大葉など、これまた凄い量である。そしてここまでくれば当然、という感じでご飯と味噌汁、デザートまで付いてきてしまった。

「いや~、何しに来たのかわからん出張ですね・・・」などと恐縮しながら話していると、社長が来るまでまだかなり時間があるから、露天風呂にでも入ってらっしゃいと専務に言われる。見ると、手提げに入ったお風呂セットまで準備されているではないか。このお客さんと10数年の付き合いのある上司が「じゃあお言葉に甘えて」と言うので、私も従った。
特別室のある3階の露天風呂は今日他に客は無く、完全な貸切状態。豊富な湯量とアルカリ性でちょっとぬるっとした泉質、そして遠くまで見渡せる景観をゆっくり楽しんだ。

「ほんと、いいんですかね~こんな出張。東京で待っている○○さんに話したらきっと悔し泣きされますよ」と、営業中とは思えぬ湯上りで乱れた髪と火照って弛緩した顔で部屋で話していると、またまた専務が「社長まだしばらくかかりそうだから、今度はマッサージどう?」と。

長年付き合いのある上司もさすがに遠慮がちだったが、しきりに勧められるので腰を上げ、マッサージルームへ。私はあまり肩が凝ったりすることがなく、マッサージも気持ちよいとは思えない方なのであまり気が進まなかったが、「ひるじさんも是非」と言われてしまえば断ることも出来ず。しかも最短の20分コースだと思ったら、倍の40分コースだった。鼻と口の部分に穴が開いたベッドにうつ伏せになり、首・肩・腰・ふくらはぎ等を揉み解してもらう。

マッサージしてくれたのがお姉さんではなく山○トオル似のお兄さんだったのがちょっと不満だが、40分はそれほど長く感じなかった。特に気持ちいいわけでもないけれど、苦痛でもなかった。

リラグゼーションのフルコースを堪能して部屋に戻り、ようやく身体の空いた社長にサンプルを見せ、説明を始める。大変気に入って貰ったようで次の仕事で何らかの形で使ってくれそうな雰囲気だったので何よりだが、この時間は実質15分間ほど。この場所に着いて、何とすでに4時間が過ぎていた。

ずっとアテンドしてくれた専務にお礼を言い、往きと同じく上司の運転(私がペーパーであること以前に車の運転が好きで、一番偉いのに常に自分で運転する人)で福岡市内に戻り、夜は昔上司が通っていた地元の旨い魚が食える居酒屋で、くじらのウネ、ごまさば、くつぞこ生干し等に舌鼓を打つ。クッキングパパに出てくる居酒屋そのままの楽しい雰囲気の中で、初めて会った人に焼酎水割りを作ってもらったり、料理を分けてもらったりしながら談笑していると、最終羽田行きの便が迫っていた。

初めて会った人にも店の外までお見送りしてもらい、(福岡に転勤した人間が誰一人として帰ってきたがらないのはわかる気がするな・・・)などと思いながら、タクシーで空港へ。

しかし、この出張は、ここのところ忙しくしていたことへの、上司の気遣いだったのかなあ。
偶然か必然かはともかく、本当に有り難いことです。来週もフルで忙しいし、頑張らねば。
[PR]



by hiruji | 2006-06-04 20:54 | 日記その他

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧