ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

魚ダシラーメンの現況


最近食って旨かった店。

駒澤大学 「廣功秀」

中華料理屋っぽい名前で、店の外見はチェーン店ラーメン屋っぽい。そんな佇まいで、店内は決して混んでないので入るかどうか判断に迷う店だが、すげーうまい。

魚ダシを強調した「秀」は、こってり魚ダシ系統では今までで一番好きな味。上にカツオ餡のような層があるので混ぜて啜れば、若干粘度のあるスープ上で獣系と魚系がガッチリと握手。風味がよく、コクも十分。また、ヤスオそばの麺に近い、リングイネのような食感の平打ち太麺も、このスープにはぴったり。
メンマはもちもちの木のような穂先メンマで、軽やかな歯ごたえと控えめな味付けがちょうど好み。でもメンマ単体としてはもちもちの方が好きかな?

チャーシューは炙りタイプであまり好きではないものの、スープが強い所為か炙った焦げ味がスープの邪魔にはならないので、大きなマイナスにはならない。

また、これだけ個性の強さを持ちながら、なぜかスープを飲み干すまで飽きがこないところがいい。

心配なのは、2度この店に行って、2度とも空いていたこと。並ぶのはイヤなのですぐ座れるのはありがたいけど、なくなっちゃうのは勘弁だからねえ。


もう1軒、武蔵小山の「ボニート・ボニート」

武蔵小山というところは本当に凄い。長大な商店街に、最近珍しくなりつつある飲み屋横丁街が根付いている。そして、安くて旨い店が多い。

これ、どこかに似ている・・・どこだっけか・・・と考えてみれば、ああ、大阪に似てるんだな。

さてボニート・ボニート、何やらパン屋かピザ屋かという響きの店名だが、正真正銘のラーメン屋。ボニートはスペイン語で鰹、つまり魚ダシのラーメンを出す店である。
そういや・・・カツオってイタリア語では確か・・・、、、ま、これはやめておきましょうか。

「廣功秀」の、渾然一体型魚ダシラーメンとは全く違う、もう少しストイックな雰囲気漂うラーメン。強いて言えば「むらもと」に近い感じか。カツオ特有のアンモニア臭がほんの少し鼻をつくが、気になるほどではない。

断面が四角い中太麺は、このスープには合わないのでは?と思ったが、意外に合う、というか、この麺自体がかなりうまい。

以上のようになかなか旨いラーメン屋だが、実はラーメンよりも嬉しいのが「しらすご飯」。

うちの実家はしらすにかなりコダワリがあって、定期的に網元から釜揚げしたてを送ってもらっているのだが、本当に旨いのは届いた当日か、精々翌日まで。たくさん送ってもらうので半分以上は冷凍保存するのだが、冷蔵庫に一日以上入れたものや冷凍したものは、ごはんの上に大量のしらすをかけてガバッと掻き込む「しらすご飯」には向かない。まさに年に数度しか味わえない贅沢である。

そんな、旨いしらすご飯が、ここではラーメンのサイドメニューとしていただける。それも、自分の家でやるような、しらす:ご飯が2:3くらいの贅沢な載せ方で出してくれるのである。味はもちろん、釜揚げしたてのような柔らかで雑味のない美味。これが東京で、食べたい時に食べられるなんて、嬉しいねえ。


以上、本来東京グルメの方に書くべきネタを、無理矢理こっちに持ってきて埋めてみました。
[PR]



by hiruji | 2006-08-07 22:17 | 日記その他

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧