ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

寝られないので憂鬱を書きなぐってみる

オフクロの試験外泊2日目。

1日目のように、車に乗って移動したり、念願だったお寿司屋さんへ行ったりしている分にはそう大きな問題は表面化しなかった。お寿司屋さんで楽しい席だったこともあり親父の機嫌も良く、また自分も結構飲んでしまい、家へ帰ったらオフクロに対する注意・観察もどこへやら、ほっぽらかしでイビキをかいてうたた寝してしまう始末・・・。布団の準備をして、「明日また来るね~」と実家を後にした時には、今回の試験外泊について自分としてもちょっと楽観的になっていたのも事実だ。

2日目は、出来る範囲で日常生活に必要なこと、たとえば料理や後片付け、入浴等をやってみようということになっていた、のだが・・・。

午前中に電話で話した感じでは、親父と一緒に徒歩2分くらいのスーパーに買い物に行って、食事の支度などをしている様子。「脳梗塞リハビリ中患者の付き添い」ということを全く理解しない親父と2人で外出するというのは、たとえ徒歩2分圏内であれ非常にリスクが高く、せめて買い物は俺らが行ってからにして欲しかったのが本音だが、一様は問題なくこなせているような雰囲気だ。
「晩御飯の買い物もしてきたから、食べにいらっしゃい」とオフクロが言っていたので、食事の準備から一緒にやろうということで、夕方に実家に顔出せばいいかということで、昼飯兼ねて安田記念の馬券を買いに出かけた。

考えを巡らせ、パドックを見た挙句、やはりここは前につけられ、パワーで後続を寄せ付けないであろうダイワメジャー、コンゴウリキシオーの2頭で堅いだろうと珍しく軸を絞り、3連複・3連単とも、ほぼ2-5流しで買った。にもかかわらず、馬連・馬単を買わなかったこと、ヴィクトリアマイルで本命にしたジョリーダンスを完全無視したことで一銭にもならず、また追い討ちをかけるように嫁が「思いつきボックス買い」でいとも簡単に3連複をGETしやがったことで、かなりのダメージを受けている時、親父から電話が来た。オフクロとのやり取りで結構辟易してる様子だ。予定より多少早く実家に行くことにする。

実家に着く前「かあさんが卵を買ってきて欲しいと言ってる」ともう一度電話があり、スーパーに寄ってから行ったが、着いて唖然とした。

オフクロとのやり取りですっかり疲れ果てたと親父は言い、酒を飲んで逃げてやがる。すでに食事の支度がちょろちょろと行われている形跡があるが、あれほどオフクロが家事する時は立ち会ってくれと言ってるのに親父は「ひるじが来るまで待てっていくら言っても聞かないんだよ」と言って、オフクロ独りで支度をしている間、自分の部屋で酒を飲んでただけのようだ。

残念ながら今のオフクロには、料理は無理だ。ちゃんと出来ていた昔のつもりで献立を考えるのだが、包丁はうまく使えないし、完成形のイメージもあやふや、根気も続かないから個数も形もいい加減。カビだらけのパン粉に対しても「これダメだ、使えないよ」と言って取り上げないとそのまま平気で使ってしまう。それだけならまだいいのだが、火をかけっぱなしで他のことに気を取られて忘れてしまったりで、危険なことこの上ない。

ただこれらは病院での様子等から、ほぼ想像してた通りの状況だ。話し言葉と過去の記憶のエリアはほぼ無傷だからちょっと話したくらいではごく普通で、昔と変わってないように感じるが、何せ脳全体の1/3が梗塞を起こした重症である。失った脳細胞が司っていた部分の知覚・感覚はもう戻ってこないのだから。

今日オフクロが作ってくれた筍の煮物、アジフライを口に運ぶ。その味の違いが元気だった頃と今の違いを全て表しているようで本当は泣きたいくらい悲しい。だけど、そんなことは言っちゃダメで、現状をしっかり認識したうえで今後の生活に適応できるよう、家族が協力していかなければいけない筈だ。

「家事はリハビリの一環だ」と認識し、目を配りながら常に一緒に立ち会う。その感覚のカケラも無い親父が一番の問題。オフクロの病状より、こっちがよっぽど重症だ。

リハビリで良くなったことは「回復した」と手放しで喜び、うまくいかないことは脳梗塞による障害とは一切考えず、「長い入院でボケている」「怠け癖がついている」「こんなことも出来ないのは異常だ」とオフクロを叱る。そういう言動してちゃ治るものも治らないと言えば「お前らはずっと一緒なわけじゃないから何とでも言える、ずっと一緒にいる身にもなっててみろ」と逆切れだ。こうなることが予想できたから、最初の試験外泊は短めにした方がいいって言ったのに、病院が3泊OKって言ったから3泊だって言い張ったのはどこの誰だい。病院は本人が離れて大丈夫な最長期間を言ってるだけであって、受け入れ先であるウチのことは、ウチで考えなきゃしょうがないってことが、全くわかってないじゃないか。

まあ昨日かなりの時間を2人で過ごしてやりとりをしたことで、オフクロの病状について親父も少しはわかったみたいだから、一応意味はあったのか。しかしいい症状出会えばまた全て逆戻りしてしまう気もする。一体どうすれば親父はオフクロの病気と真正面から向き合ってくれるのだろうか。。。

理想面であれやこれや言っても、結局実践面では嫁に助けられっぱなし。いつも苦労かけて申し訳ない。
[PR]



by hiruji | 2007-06-04 05:51 | 日記その他

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧