ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

酷すぎる虫歯の治療日記 - オペ

さて、そろそろあちこちから尻を突っつかれ出したんで重い腰&腹を上げて書いておきましょうか(^^;

といっても、本当は論文の期限がそこまで迫ってて、まだ何も手をつけてない現状で、こんなことやってていいのだろうか・・。

えーと、(。。)・・・インプラント手術の前で止まってましたな。

すでに細かい顛末は忘れ気味だけど、まあ一生忘れることはないだろな、と思うのは、あの「ニオイ」だな・・・。


インプラントをおさらいしておくと、日本語では人工歯根と言われるもので、これを使うことによって、歯根まで無くなってしまった重度の虫歯であっても、入れ歯に頼らず噛み合せを作れる、という口腔外科の治療法である。

歯根に用いられるのはチタン製のボルト。これを顎の骨にねじ込んで固定し、固まったらその上に差し歯をつけていっちょあがり。

昔は費用も高いがリスクも高いという、庶民には無縁の治療法だったらしいけど、最近は症例が多くなってかなり安くなってきていること、手術の数をこなしている医者であれば失敗例がほとんどなくなってきていること、から、東京の半分以下の費用で済み、しかも日本で十指に入るほどの手術数をこなしている、今の福岡の歯医者に通いだしだんだよね。すなわち、色々やってたけどここからが本番、ってわけ。

そんな、インプラント手術の当日。

インプラントの手術は普通のちょっとした切開とは差別化しているようで、ERなんかで見る、緑色の手術着を着込んだ院長、衛生士たちに囲まれた。場所もいつもの診療台とは違い、上に大きな照明が並んでいる。

口のところだけ穴の開いた緑の布を顔にかけられた。テレビの美容手術で見かけることのあるヤツ。

院長、おもむろに麻酔一刺し。例によって前もって塗ってくれない。まあこれはいい。前に切開された時に経験してたから、多分こうくるって心構えが出来ていた。しかし、間髪入れずにメスで
斬りつけるのは全く予想つかず。意表を突かれ、情けない吐息状の奇声半分。

しかし、みるみるうちに麻酔が効いてきたとみえ、痛みは徐々になくなった。変な生温さは感じるものの、痛みさえなけりゃあどおってこたあない。

しばらく安心してて大人しく治療を受けてたが、切開された顎の骨にドリル状と思われる工具を押し当てられた後、嫌な時間が始まった。
「ゴリュゴリュゴリュゴリュ・・・」
骨に穴を開けてら・・・。痛みは全く無いが、顎の骨にかなり重い力がかかってるのがよくわかる。それ自身心地よいモノじゃないのは確かだけれど、その時、ふわっと漂ってきたニオイ。こ、これは・・・。

骨の焼けるニオイ、すなわち、火葬場のニオイが自分の口の中で発生している・・・。穴を開けるときの摩擦だろうが、これはホント、想像以上にキモチワルい。うげーーーーー!!

ほどなく手術は無事終了し、早速撮ったレントゲンを見てみると、下顎の右6,7番付近に2本の先を平らにした弾丸のようなモノが埋まっていた。

しっかりと土台に根付くまで約3カ月。抜糸以外は8月末まで治療は無し。歯医者に3ヶ月も行かないなんて、ある意味夢のようではある。

しかし、最低あと3回はあのニオイをかがなあかんのかい・・。
[PR]



by hiruji | 2003-05-17 00:00 | アーカイブ

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧