ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




宝塚記念

以前よりここで再三にわたって語っている通り、私は相当のディープインパクト贔屓である。

一強他弱という勢力図は馬券的につまらないのは勿論、何が勝つのだろうとワクワクすることも出来にくい。ましてやその一強は大牧場の上質の肌から産まれたサンデーサイレンス産駒であり、日本で最も強運な大馬主に競り落とされ、名伯楽のもとで管理されている、エリート中のエリートである。

そんな馬にハマってしまったのは、一にも二にもその走り方。馬が走る姿は綺麗なものではあるが、ディープインパクトの走りは究極とも思える機能美に溢れている。理にかなっているから圧倒的に速いのだろうが、それより何より、とにかくあの走りを見ているだけで満足至極なのである。

負けないだろうとは思うが、何より負けて欲しくはない。その中での心配といえば、やや重の発表ということで滑るのではないかということと、記念レースは連動しがちということで、唯一負けたのが有馬記念ということ。まあ、大丈夫だとは思うが。。

舞台が京都になったということで、ディープ→リンカーンの再現の確率はより増したという気はするが、ディープは1着付けしか買う気がない以上、2着は多少遊んでみたい。
京都2200ならばナリタセンチュリーが最大の惑星か。あとはトウカイカムカム、アイポッパー、コスモバルクあたりを。
[PR]



by hiruji | 2006-06-25 14:43 | 競馬

W杯雑感

開幕以来、ほぼ毎日地上波でやっているゲームを2試合づつ見ている割には、サッカーに対する熱い思いを書くこともないまま、すでに10日あまりが経過した。少しくらいは触れておこうかねえ。

日本には何とか予選突破してもらいたいと願い、事実一番力が入って見ているのは日本戦なのだが、じゃあもし日本が出ていないとしたら、今回のW杯に対する興味がガタッと落ちたかといえば、決してそうでもない気がする。「日本を応援する」ということと、「W杯を楽しむ」ということは、自分中では全く並立しているような感じだ。

国の代表を応援する時ってのはほとんど戦争をしているような気分で、華麗なプレーを堪能している余裕は無い。まず「勝ち」ありきで、完全に片方の視点のみで展開を追いかける。ファウルを取られてもおかしくないプレーが流されればラッキーだし、オフサイド気味であろうが得点してしまえばこっちのものだ。華麗なパス回しや突破から繰り出された豪快なミドルシュートは、勝ちの上に乗っかっていれば更に嬉しいかもしれないが、負け試合での意味はあまりない。それよりオウンゴールだけでもとりあえず勝った方がよっぽどいい。

そんな日本戦2戦は、当然の如く大落胆、やや落胆した結果。特にオーストラリア戦の終盤は地獄のようだった。だが冷静に振り返れば、宮本など気の抜けたプレーが幾度かあったほかは、2戦ともに川口のスーパーセーブをはじめとして、まあエキサイティングなゲームだったと思う。
特にクロアチア戦では後半頭から投入された稲本がプルソのマークをはじめとしてかなり気を吐いていたのが印象的。最近の精彩のなさからダメな交代かと思ったが、この人は大舞台に強いのかねえ。一方玉田は、周りがスピードが落ちてきた中でかき回すために出てきたと思われるのに、あまり目立たなかったのが残念。一人違うスピードで走り回っていたモドリッチとは対照的。それと大黒には、やっぱり最低15分ぐらいあげたいね。

さて、最後のブラジル戦。全て控え選手が出たとしても、ブラジル相手に2点差つけて勝つ、というのはほぼ無理だろう。ロナウジーニョとカカを引っ込めてもジュニーニョがいるし、FWは勢いを考えれば控えがレギュラーで出てもおかしくないくらいだし。
でも、勝つ気で立ち向かって、結果ボコボコにされたとしても、1点はもぎ取って欲しい。

一方「W杯を楽しむ」方では、やっぱり贔屓のバルサ所属プレイヤーの応援を中心に。メキシコのマルケス、ポルトガルのデコ、そしてスペインのプジョル、シャビと皆調子が良く、見てて楽しい。中でもメッシはやっぱり凄い。リケルメ中心主義の今のアルゼンチンはあんまり好きではないけれど、メッシのあの突破はどんなユニフォームを着てようがワクワクすることに変わりはない。体調も万全なようだったし、次のオランダ戦は実に楽しみだ。昭和こいる似の22歳ウインガー、ロッベンとの走力対決は見物、だと思うのだが・・・・このゲーム、地上波放送ないとはどゆことや!ネームバリューからいえばグループリーグ最高のカードなのだから、やればいいと思うんだけどねえ。

とりとめもないが、眠くなったので今日はここでおしまい。
[PR]



by hiruji | 2006-06-20 02:29 | スポーツ

EQ自己診断

EQ自己診断

もらってきてやってみた。意思実行力は全然違うと思うけどなあ・・。リーダーシップも取れないし。

状況判断力
[75点] 情報が多ければ正しい判断ができるけれど・・・・・。

あなたの状況判断力は、かなりハイレベルといえます。特に情報の分析に関しては、かなり優れた能力を持っているようです。正しい情報をある程度集めることさえできれば、現状がどうなのか、そして今後どうなっていくのか、正しい結論を導き出すことができるはず。その意味では、コンピュータ的な知性の持ち主といえるでしょう。
ただし、その反面、情報が少ないとせっかくの状況判断力も活用されないまま終わりそう。恋愛にたとえると、近くにいる相手の気持ちはしっかり把握することができるけれど、遠距離恋愛になると相手が普段何をし、何を考えているのかまるでわからなくなってしまう・・・・といった感じかもしれません。
その意味では、日ごろの情報収集があなたの判断能力のカギを握るといってもいいでしょう。


感情制御力
[64点] 楽しい気分のときに感情がコントロール不能に

あなたはなかなか強い感情制御力をもっているようです。特にあなたの場合、悲しみや怒りをコントロールする能力に優れています。腹が立つことをいわれたからといって上司とケンカしたり・・・・・なんてことは、あなたに限っては考えられないでしょう。また失恋をしたからといって大泣きして友だちに迷惑をかけたりした経験もほとんどないはず。
ただしあなたの場合、うれしい時にだけは感情制御力の働きが鈍りやすい傾向があるようです。たとえば恋人ができらからといって友達の前でのろけ話をしたり、給料の高い会社に転職が決まったからと自慢話をしたり・・・・・。これではみんなに妬まれ、敵を増やす結果になるだけです。
うれしいことがあったときや物事が順調に進んでいるときこそ注意が必要。感情をうまくコントロールして、はしゃぎすぎたり浮かれすぎたりしないようにしましょう。そうすることで悪評を招いたりする危険性も、グンと少なくなるはずです。


意志実行力
[67点] 行動力はあるけれど計画や準備を軽視しやすい傾向が

あなたの意志実行力は、かなり高いレベルといえるでしょう。特に、自分なりに目標を決めてから行動に移すまでのスピードは、まさにトップクラス。気に入った相手なら出会ったその場でデートを申し込んだり、「辞める」と決めたらその日のうちに会社に辞表を提出したり、ダイエットを始めると決めたらその日から何も食べなかったり・・・・・なんて感じかもしれません。
ただそれだけにあなたは、綿密に計画を練ったり下準備や根回しをしたりということが苦手な傾向があるようです。せっかちすぎるためにどうしても結果を早く出したくて、あせってしまうのです。
そのためにじっくり時間をかけて取り組めば成功率がアップするような場合でも、あせって逆にチャンスをつぶしてしまうケースも少なくありません。


対人共感力
[60点] 世渡り上手だけれど八方美人になりやすいかも

あなたの対人共感力は比較的高めです。頭の回転が速いあなたは、相手の気持ちをすばやく読むことができるので、初対面の人を前にしても相手が喜ぶようなお世辞をくちにしたり、共通の話題をすばやく見つけたりして、すぐに打ち解け合うことができるでしょう。そんなあなたは、老若男女を問わず、親しい人の数はかなりの数にのぼるはず。
ただしあなたは、たくさんの人とうまくやっていくことに気を取られやすい傾向があるようです。そのためどうしても「広く浅く」のお付き合いが中心になって、困ったときに助け合えるような親友がなかなかできにくいのです。またいろいろな相手に笑顔をふりまくので、「八方美人」といった評判もたちやすいようです。
多くの人に気に入られることも大切かもしれませんが、「この人」と思える相手に対して持ち前の対人共感力をフルに発揮して、とことん親しくなるように努力することも大切といえます。








総合診断

[タイプA] 周囲の信頼を集める抜群のリーダーシップの持ち主

状況判断力・感情制御力・意志実行力・対人共感力の4種類の能力すべてで比較的高得点をマークしたあなたは、総合的に見てかなり高いEQの持ち主といえるでしょう。
どんな場面でもパニックになったりすることはなく、冷静に周囲の状況を分析していつも的確な行動を取ることができます。しかも気配りが細やかで、困っている人に進んで手をさしのべるあなたは、職場でも多くの人の信頼を集めます。その意味で、典型的なリーダータイプです。
これまでも、サークルなどの代表者に選ばれたり、みんなの意見のまとめ役をまかされたりした経験があるのでは?
そんなあなたの人生は、まさに順風満帆。仕事や結婚などに関して失敗をすることも少なく、万が一ミスをしても早い時期に気づいてきちんとそれをカバーすることができるでしょう。また人望にも恵まれるので、状況が思わしくなくなったときには、多くの人が助けてくれるはずです。
ただしそれだけに、思わぬ人からライバル意識を持たれていたり、嫉妬されていたりということもあるので、その点にはやや注意が必要。世の中にはあなたを応援してくれる人ばかりでなく、失敗を待ち望んでいる人も意外に多いかもしれません。
またどんな場でも前向きな気持ちを失わないあなたですが、年功序列制が根強く残っていたり男女の差別があったり、実力を正当に評価されない職場ではやや苦労しそう。そうした場で前向きにがんばったとしても、単なる時間のムダになってしまうかもしれません。
実力のあるあなただからこそ、職場の善し悪しは人生に大きな影響を与えます。職場選びにはかなり慎重になったほうがよさそうです。
[PR]



by hiruji | 2006-06-07 03:10 | 日記その他

出張御大尽

朝早めの便で羽田を発ち、福岡へ。一足先に入って空港で待っていた上司の車で、アポイント先へ向かう。

そこは今回アポ取った会社の社長が経営する日帰り温泉施設なのだが、そこで社長の到着を待っていると、どうも社長に急な用事が入ったらしい。代わりに専務が話は聞くが、持ってきたサンプルは是非見たいので、用事が終わるまで待っていてくれると有り難いんだが・・・との連絡で、今回訪問の主目的である以上、待つことを了解する。

と、専務に温泉施設の3階に案内される。ここは特別室らしく、まるで旅館のようだ。ちょっと仕事をする雰囲気ではないものの、事務所は窮屈そうだし、来客があって特別室の予約がない場合は応接として使っているのだろう。

8人は席につけるであろう長い座卓の上にサンプルを置き、専務と色々話をしていると・・・中居さんが入ってきて食事の支度を始めた。

それが・・・何と各個人の前には長方形の大きな平鉢の八寸と、直径50cmくらいの大皿にいっぱいの刺身盛り合わせ。。地アジの活造りが真ん中にデンと聳え立ち、鯛や鰤系、中トロ、海老、イカがその周りにザザザッと並んでいる。

勧められていただいてみると、これが旨い!九州では粉ワサビが出てくることはまれで、辛味はさほどではない粗挽きのおろしワサビがどさっとつくことが多い気がするが、やっぱりここもそう。そして醤油はもちろん、九州ならではの甘い刺身醤油。昔最初に口にした時は少々抵抗があったが、刺身の表にワサビを多めに置いて包み、裏にこの甘い醤油をつけて口に入れると、なかなかのハーモニーを醸し出す。新鮮な地アジはもちろん、鰤系の魚(色からすると多分カンパチ)も活〆を使っているらしく、シャッキリ感が残っていて非常に旨い。こんな決して海が近いわけでもない日帰り温泉施設でこういう魚が食えるとは・・・(しかも一銭も払わず・・・)。

3人前としてはかなりのボリュームだったが、なんとかほとんど平らげてプハーとしていると、今度は洋皿がやってくる。豚肉の角切りソテーオレンジ添えみたいな一品で、味は少々濃い目ながら茶色とオレンジ色、そして皿のマジョリカブルーの色彩が素晴らしい。

と、今度は天ぷら盛り合わせがやってきた。エビ2尾、メゴチ1尾、イカ、しいたけ、人参、大葉など、これまた凄い量である。そしてここまでくれば当然、という感じでご飯と味噌汁、デザートまで付いてきてしまった。

「いや~、何しに来たのかわからん出張ですね・・・」などと恐縮しながら話していると、社長が来るまでまだかなり時間があるから、露天風呂にでも入ってらっしゃいと専務に言われる。見ると、手提げに入ったお風呂セットまで準備されているではないか。このお客さんと10数年の付き合いのある上司が「じゃあお言葉に甘えて」と言うので、私も従った。
特別室のある3階の露天風呂は今日他に客は無く、完全な貸切状態。豊富な湯量とアルカリ性でちょっとぬるっとした泉質、そして遠くまで見渡せる景観をゆっくり楽しんだ。

「ほんと、いいんですかね~こんな出張。東京で待っている○○さんに話したらきっと悔し泣きされますよ」と、営業中とは思えぬ湯上りで乱れた髪と火照って弛緩した顔で部屋で話していると、またまた専務が「社長まだしばらくかかりそうだから、今度はマッサージどう?」と。

長年付き合いのある上司もさすがに遠慮がちだったが、しきりに勧められるので腰を上げ、マッサージルームへ。私はあまり肩が凝ったりすることがなく、マッサージも気持ちよいとは思えない方なのであまり気が進まなかったが、「ひるじさんも是非」と言われてしまえば断ることも出来ず。しかも最短の20分コースだと思ったら、倍の40分コースだった。鼻と口の部分に穴が開いたベッドにうつ伏せになり、首・肩・腰・ふくらはぎ等を揉み解してもらう。

マッサージしてくれたのがお姉さんではなく山○トオル似のお兄さんだったのがちょっと不満だが、40分はそれほど長く感じなかった。特に気持ちいいわけでもないけれど、苦痛でもなかった。

リラグゼーションのフルコースを堪能して部屋に戻り、ようやく身体の空いた社長にサンプルを見せ、説明を始める。大変気に入って貰ったようで次の仕事で何らかの形で使ってくれそうな雰囲気だったので何よりだが、この時間は実質15分間ほど。この場所に着いて、何とすでに4時間が過ぎていた。

ずっとアテンドしてくれた専務にお礼を言い、往きと同じく上司の運転(私がペーパーであること以前に車の運転が好きで、一番偉いのに常に自分で運転する人)で福岡市内に戻り、夜は昔上司が通っていた地元の旨い魚が食える居酒屋で、くじらのウネ、ごまさば、くつぞこ生干し等に舌鼓を打つ。クッキングパパに出てくる居酒屋そのままの楽しい雰囲気の中で、初めて会った人に焼酎水割りを作ってもらったり、料理を分けてもらったりしながら談笑していると、最終羽田行きの便が迫っていた。

初めて会った人にも店の外までお見送りしてもらい、(福岡に転勤した人間が誰一人として帰ってきたがらないのはわかる気がするな・・・)などと思いながら、タクシーで空港へ。

しかし、この出張は、ここのところ忙しくしていたことへの、上司の気遣いだったのかなあ。
偶然か必然かはともかく、本当に有り難いことです。来週もフルで忙しいし、頑張らねば。
[PR]



by hiruji | 2006-06-04 20:54 | 日記その他

安田記念

強さと脆さを併せ持つ馬、安定しているけど一歩足りなさそうな馬で有力馬が構成されていて、軸の選定に非常に悩む。

ムラ馬のように思われがちだが、実は戦績から長距離と東京コースを除けばかなりの安定度を誇るダイワメジャー、こういうコース不得意な馬はいつもならバッサリ切るところだが、1番枠だし、うーむ・・・。逆にこのコース大得意のアサクサデンエン、15番では去年のような競馬は無理か。ユタカに替わったテレグノシスも3番とはいえ頭まではどうだろう 前につければ持ち味が生きないかもしれないし。オレハマッテルゼが17番ということは、スタートで少々シゴいても2~3番手を確保して直線で内を通れる準備をしておくと思うのだが、スンナリ行けるだろうか。ハットトリックは脚質的に今の府中では買いづらいわなあ、でもこの人気はちょっとおいしいしなあ。ダンスインザムードも枠は絶好だけど、ダイワメジャーと同じような位置取りが予想されるだけに、消耗してやる気をなくすような気も少々、カンパニーはひろゆきは魅力だけれどG1を勝ち切るだけのイメージが湧きにくい。ブリッシュラックは確実に去年よりも力が落ちていそうだし・・・・。

つうことでよくわからん。こういうときは好きな馬を1着候補で。
1,11,15→1,2,11,17→2,3,11,15,17,18
[PR]



by hiruji | 2006-06-04 13:41 | 競馬

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧