ひるトン東京ヘイ ブログレッシブ

ポール・ポッツ

大晦日にTV出演するというので、思い出して久しぶりにようつべで動画を観た。

5回観て、5回とも感極まってしまった。あの荒川静香が金メダルを取った時のメロディに乗せて、あの優しくも力強い歌声が聞こえてくると、もうタマラん。

3大テノールとか、オペラの歌はすげえなあと思いつつもそんなに揺さぶられることはないんだけど、この人の歌声はもっと身近というか、心にスッと沁み込んできて、さりげなくもガンガンと揺さぶってくれる。

鳥肌もんの女性ボーカリストは五指に余るほどいるが、男でこういう気持ちになれる歌声にはあまり出会ったことが無いなあ。

とにかく、すばらしいっす。
[PR]



# by hiruji | 2009-12-30 23:03 | 日記その他

久しぶりの更新

ご無沙汰しております。

先週末の、実は別に大したことないんだけど、ちょっとした経験について。

カーナビに登録した行き先が、本来鄙びた温泉宿のはずが、細く曲がりくねった林道の先には温泉宿などどこにもなく、誰も居ない、街灯も一切ない、廃墟だけが点在する初冬の夜のキャンプ場だったら・・・

そして、どこからともなく霧が出てきて、段々濃くなってきたら・・・

恐いよね。

アメドラのスーパーナチュラルとか、ジェイソンとか、死霊のはらわたとか、あんなかんじなんですよ、もう。

夕方の五時半のはずなのに、丑三つ時のような雰囲気で。

ふと見えた沼の水面には妖しいさざ波が立ってたり。

ドラマではイキのいい若いカップルが襲われるのが定番だけど、今日はこの生活習慣病まみれ、ガンマ・中性脂肪・コレステロール・尿酸値4冠王の中年夫婦が餌食となってしまうのか。全然、絵にはならんぞ・・。

それに、この前某著名な漫画家が転落死したのは、確かこの山じゃなかったか。


そんなおどろおどろしい雰囲気を打ち破ってくれたのは、ぴょんぴょんと暢気に跳ねる野うさぎの後姿だった。

その一時間後、何とかたどり着いた初谷温泉。

佐久鯉の旨さに驚いた。鯉のあらいは辛子酢味噌ではなく、普通の刺身のようにわさび醤油でいただく。
泥臭さが無いのは当たり前としても、その身の甘いこと。旨煮にした鯉は上品な脂が乗ってトロトロ、たとえるなら白身の王様、きんき・のどぐろのようだ。
[PR]



# by hiruji | 2009-11-17 00:47 | 日記その他

41歳の春

41歳の春だから~ なんて歌ってたときには想像もしなかったその歳になった。

携帯におめでとうメールをいただいた。アドレスをメモしてなかったせいで、どなたかわかりませんがありがとう。万一昔一度行ったっきりのキャバ穣だったりしたらアレなので返信しません。

一昨日、親父を100kmほど離れた施設に連れて行った。
認知症で記憶障害が激しく、被害妄想・精神的不安定の頻度ももかなり増えてきている。不安定な精神状態は服薬でかなり抑えられるが、薬を飲むことも忘れてしまうので飲ませる人間が常に必要。妻が仕事を辞め、同居すれば短期的には何とかなるだろうが、毎日同じ話をし続けなければならない親父相手にそれでは妻が参ってしまうし、そんなことは絶対にすべきではないししたくもない。

オフクロは近所の老健に入所中。記憶も会話もかなりしっかりしているが、脳梗塞の後遺症で日常生活を1人では送れない。後遺症を患った後の親父との生活で怒鳴られたり叩かれたりしたことが心に傷として残ってしまっている。

昔に比べれば介護サービスが整ってきているとはいえ、2人とも仕事を抱えながら、親父とオフクロを同時に看るのは無理だ。

オフクロにはいままで苦労した分、心安く毎日を過ごしてもらいたい。仕事をやめることはできないけど、週に1~2回老健に顔を出すだけではなくて、たまにはうちに帰ってきて、食べたいものを食べ、ニコニコ笑っていてもらいたい。

そんなわけで、自分にとってたった一人の親父を捨てた。オフクロを追い詰め、更に認知症が進んで、面倒な存在になっていたのは確かだけども、主治医の勧める医療体制の整った施設へ入所するだけのことなんだけれども、自分の心の中では、捨てた、以外の何物でもない。ホッとした気持ちが大部分、でもどこか後ろ暗い、すっきりしない。

施設に行く前、昔よく行っていたという上野毛の更科に寄った。最近なにを食っても旨くないとこぼしていた親父から、「ここの蕎麦は昔から好きだったけど、今日ほど旨いと思ったことはないなあ。なあ、また連れてきてくれよ」と言われた。「ああ、また来ような」と返した。辛かった。
[PR]



# by hiruji | 2009-05-26 01:21 | 日記その他

ご冥福をお祈りします

仲間とカラオケ行けば雨上がりの夜空にを爆唱し、疲れて始発で帰る時にはヒッピーに捧ぐを聴きながら涙し、旅に出れば浮かれてトランジスタラジオを口ずさみ、夕刻にはdoggyにすっかりやられてた。


清志郎、安らかに。
[PR]



# by hiruji | 2009-05-03 01:15 | 日記その他

ボウズへのリアクション集

「・・・(二度見して)・・・知らない人かと思ったよ」

「・・・どうしちゃったんですか・・・(絶句)」

「・・・。・・・さっぱり、しました、ね・・(いい言葉が思い浮かばない様子)」

「あ!がははははh みんな連れてくる!」

「(常務が私の上司に向かって)お前の命令か?」

「懺悔するようなことやらかしたんすか?」

「あ、頭の形がいいからお似合いですよ(業者の女性。引き攣りながら)」

「ついつい目がいって仕事に集中できへんやないかっ!」

「あ!久しぶり~!東京で会うの初めてだよね~(誰かと間違えているらしい)」

等等。
また、明らかに気付いているにもかかわらず、何事もなかったように用件を切り出す人もいて、その人の個性や自分との関係が改めて浮き彫りになって面白い。

しかしダントツ一番で多い反応は・・・

「夜遊びしすぎで、奥さん怒られたんですか?」
「変な店行ってるの奥さんにバレた?ポケットの中のチラシとかで」
「ズバリ浮気のミソギでしょう!?」

という類。・・・・なんでやねん・・・ここ5年ぐらい変な遊びしてないし、浮気の甲斐性も相手も元々ないっつーのに。
[PR]



# by hiruji | 2009-04-15 21:00 | 日記その他

ボウズにしてみた

最近仕事でミスばかりしている。それも大概は何かを「やっちゃった」というより、「やらなかった」ことが結果悪い方にいっちゃってること。やることはわかってるのに、忘れたり、他の仕事に時間かけすぎて間に合わなかったりで、結果できていないことが多すぎる。

そんなわけで床屋へ行って、五分刈りにしてもらいました。小学生の時は夏限定でボウズにしてたから28年ぶりかな。直前までロン毛に近い状態まで伸びちゃってたから頭が軽いや。頭頂部付近の密度が低いのはご愛嬌。

気持ちを切り替えるきっかけにしたい。
[PR]



# by hiruji | 2009-04-11 22:54 | 日記その他

ネットが仲立ちした再会

オフクロがまたてんかんで倒れた。久しぶりに銀座の安酒場で先輩と飲んでて、もう電車が無くなるかなという頃、急に呼び出しがかかった。

急遽タクシーに乗り込み病院に向かう道すがら、何か妙に人と話したい気分になって、ある奴に電話をかけてみた。

小学校3~4年の時だけ同じクラスになって毎日のように遊んでいたのに、なぜかクラスが離れた5年の時はほとんど口を利かなくなってしまった奴。憶えていないがつまらんことで喧嘩でもしたのだろうか?その後彼は私立中学に進学、自分は地元の公立に進んでそれっきり。

3年前小学校からの友達の結婚式二次会に出た時、ちょっと前にそいつと偶然会ったという人間がいた。懐かしくなってその場でそいつの携帯電話番号を聞いておいた。会いたいなと思いながらも結局連絡せずに3年が経過していた。

ある日、ふと思うことがあって、気軽に飲めてジャズのライブが聴けるスペースを検索していた。そして、出てきたブログであるバイオリニストの名前で目が止まった。奴と同姓同名だったからだ。

確実に同一人物と確信できるほど珍しくはないが、そんなにありふれたフルネームでもない。そして、思い出したが彼は確かバイオリンを習っていたはずだ。顔写真は一見全くの別人だが、よく見れば目元が似ていなくもない。

オフクロの病院に向かうタクシーの中で、まず電話したいと思ったのがそいつだった。ネットで奴と同姓同名を発見しなかったら、多分電話するのを忘れていたはず。

おそるおそるの電話だったが、出た奴は旧友その人であるだけでなく、そのバイオリニスト本人でもあった。
20分くらい話しまくった。そして、話すにつれ昔の記憶がどんどん蘇ってきた。今はマンションになってしまった立ち入り禁止の空き地を探検したこと、そこで捕まえた大きなカマキリが、扱い悪く首がもげてしまい、気味悪く慌てて放したら自分達の方に首なしカマキリが飛んできて、恐くて走って逃げたこと、当時実家にあった8トラックでドリフ大全集や映画音楽を聴いてたこと、等等。

改めて思えば、自分の趣味の幅を最初に広げてくれたのは奴だった。精々9~10歳なのに妙にませているというか大人びていて、古い洋画の大ファンでアランドロンがどうとかこうとか教えてくれたのも奴だし、クラシック音楽も彼の影響、スーパーカーブームとはちょっと違うF1グランプリも奴の仕込みだったし、10歳なのに竹村健一ファンだと公言して憚らず、10歳なのにオススメ映画「個人教授」は味わい深いっていうもんだから観てみたらエロくてびっくりしたり、ちょっと普通の小学生とは違ってた。向こうは向こうで生き物と鉄道のことを色々教えてもらったと言ってたけど、当時の自分はその2つしか趣味が無かったのだった。

4月中に飲むことにした。今一番楽しみなのは奴と会って話すこと。昔話はもちろんだが、奴のことだ、あの後の28年間で色々なネタを仕込んでいるに違いないから。
[PR]



# by hiruji | 2009-04-05 01:00 | 日記その他

青色申告とはよくいったもんだ ほんとにブルーな週末

営業職が長いくせに、数字に興味ないを通り越し、ゼニ勘定つまり経理が大の苦手、大嫌いである。

最近は仕事で部内の金庫番のような仕事や予算案作成を嫌々ながらやっているから多少は慣れたとはいえ、エクセルのおかげで電卓パチパチやらずに済むから何とかやれているだけのこと。苦手で嫌いなのは前と変わらない。

そんな、会社の経費清算でさえ気が進まなくて溜め込みまくる自分が、何と今年は実家の確定申告(青色)をやらなきゃいけない羽目になった。

うちは元々2階を貸していて、わずかとはいえ家賃収入がある。そこにきてオフクロが元々経理屋さんなもんだから、家の会計もオフクロが自力のみで元帳からちゃんと作ってビシッと毎年青色申告をしていた。

そのオフクロが2年前脳梗塞で倒れ、ここ2年は親が元部下の経理担当の人に頼んでやってもらっていた。

それで今年。

確定申告に向けて何の準備すらしていないことに気づいたのは、すでに2月も終わりの方。オフクロは老健に入ってるし、すでにそんな緻密な作業は不可能、そして親父は急速にボケてしまって、日常の支払関係も滞納の嵐、そんなんじゃこっちが早めに気づくべき、なんだろうが、サラリーマンしかやったことのない自分には確定申告なんぞ刷り込まれていない。

さて・・・同級生に公認会計士がいるが、今からじゃさすがに頼めない、ということは、恥を忍んで親父の部下の人にすがるしか方法が無いのだが・・この人も実は去年会社を引退してしまっている。

しょうがない、引退したその人に連絡を取り、家にお邪魔してやり方を教わることにした。横柄な親父はこの人はじめ元部下をすぐ呼びつけていたが、俺には無理だし、せっかくボケたことで昔の部下をアゴ足で使うことを忘れちゃってるなら、それをまた思い出させることもない。

先週の日曜、電話で聞いた必要そうなものをとりあえずかき集めてその人の家に行き、流れとポイントを教えてもらう。おかげで大体の流れはわかったが、困ったことがある。

あるはずの領収書や証明書の類がほとんど出てこないのだ。

親父は決して捨てているわけじゃなく、整理が出来ない状態であっちにばらばら、こっちにばらばらしてて見つけるのが大変。しかも自分のものを探されるのはあまり気分がよくないみたいなので、おだてたりなだめすかしたりしながら郵便物やレシートの山をごそっと持ち帰って、家で分類。禁止しているはずの酒のレシートがボコボコ出てくるが今は無視。その間に眠る病院関係の領収書や、保険の支払証明書を抜き出す。

これを都合3回。3回目、今日の夕方に、とうとうごつい金額の医療費領収書が出てきて、他の細かい薬局の領収書は諦めて、さあ作成開始。どうせならってことでe-taxにチャレンジしようと思ったが、アレが必要コレが必要、アクロバットのバージョンがどうってうるさいので早々諦め方針転換、打ち出して持っていくことに。

まずは青色申告、減価償却だけで2時間、去年の控えと通帳の痕跡を頼りに経費を入れるが、一個一個調べながらでこれも1時間半、商学部時代大嫌いだったバランスシート作成、これも言葉の意味など調べながらで1時間、さあプリントアウトだと思ったら結局この作業でもアクロバットリーダが古くて使えないことが判明、ダウンロードだの設定変更だので1時間。青色申告が出来上がった時はすでに1時。

さあ確定申告、こっちは青色よりも楽だろうと思ってたのだが、添付の必要あるエビデンスが圧倒的に足りない。この時点でこんなことに気づく。細かなものは諦めるとしても、年金の源泉徴収書が無いのはまずいだろ・・・。

あれだけ領収書や封書、ハガキの山を持って帰ってきても、その中に年金の源泉徴収書がないってのはどうゆうこったい・・・。慣れてりゃ前もって部下の人にエビデンス必要な項目を全部教えてもらって、探してくるもののリストでも作ってから実家に行ったんだけど、どっから手をつけていいのかわからん状態だったこともあって、自分の行動が非効率この上ない。

さて・・・外はもう明るいねえ。実家に行って探すのと、社会保険事務所行って再発行してくるの、どっちが早いかねえ。

覚悟はしてたけど、今日は半休決定。
[PR]



# by hiruji | 2009-03-16 05:59 | 日記その他

認知症スイッチ

親父の認知症、その進行スピードの速さといったら、、のぞみ級。

「酒やめろ、やめないんなら縁を切る。」

何十回言ったかなあ、これ。

「そうか、そんなに酒は悪いのか。わかった。うちにある酒目障りだから全部持っていってくれ。」
そう何十回も返され、持って帰ってもすぐに買いに行っちゃうんじゃ意味ねえじゃん。うちは酒蔵じゃないんだよ。

数ヶ月前は2週間くらい覚えてたんだけど、最近は2日ともたないし。

病がさせていることとはいえ、関係が近いだけに素直に割り切れないものがある。いい加減やんなるわ。

最近仕事でちょっとした度忘れをした時、ひょっとしたら俺も親父のようになりかけている??と考えてしまって背筋が寒くなる。

脳の大事な部分が梗塞を起こしたら、それがスイッチになって「パーン」と苦しみ無く生命が終わるように、自分を改造できたらいいのに。
[PR]



# by hiruji | 2009-02-06 00:36 | 日記その他

勝駒の効果なく

久しぶりに、もう、2年ぶりくらい実に久しぶりに、競馬をまじめに考えた。

力も分析したし調教も2度見たし、有馬の定番、世相反映キーワードも拾った。

ダイワスカーレットが好き放題のレース振りで直線に入り、後は間違いなく粘りきってくれそうで、最後大外から、謹慎がもうじき解けるという五反田の人、アドマイヤ「モナ」-クが飛んできた時には、こりゃ久々にデカいのをGETか??と意気込んだが・・・エアシェイディ買ってねえよ。。。

ただまあ、モナはおまけで買ったレベルだし、しゃあないかと諦めてたら・・・自分の単穴、ドリームジャーニーがハナ差4着ってわかり、も一度大ショック。。。

今年はG1全敗で終わり。また来年~
[PR]



# by hiruji | 2008-12-29 01:55 | 日記その他

競馬/食い物/音楽/NFLに関するひとり言。更新頻度いささか自信ございませんが。
by hiruji
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Hiruji?

【ひるじ】
41歳スチャラカ社員。

犬を連れてたら西郷風らしい。神社のハッピが似合うらしい。

変態癖少々あり、知識人気取りあり、嫁あり、毛だらけで耳だけデカい食欲旺盛な娘あり。


■好きな場所
絵笛日本の漁港離島

■気になる馬
出資馬達、名付けた馬達、走り方に惹かれる馬達、零細血統の馬達など多数。

■気になるTeam
フィラデルフィア・イーグルス


■好きなDivaひとり
TISH HINOJOSA

■腐れ母体サイト
ひるトン東京ヘイ

■首都圏の食い物屋レポ↓
livedoorグルメ・ひるじ

最新のトラックバック

スマター
from けめち
初めての抜歯
from だりぃだいあり apex o..
五反田 ナンパ/五反田 ..
from 東京のセフレ
日本ダービー
from だりぃだいあり apex o..
桜花賞には行けなかったけ..
from etc ~クルマな生活~

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧